インバウンドの誘致で地域活性化

地域の活性化を鑑みた場合、インバウンド誘致は効果的なのかということでgoogle検索してみたところ、興味深い記事は多くありました。

湘南ひらつか七夕まつり

湘南ひらつか七夕まつり

いち個人で何が出来るんだとは思いますが、何も考えないよりかは建設的な思考ですので、頭の片隅にでも入れておこうと思いますが、やはり心配なのは治安の悪化であったり、街が汚れるのではないか?ということであったり、ネガティブな発想が真っ先に思い浮かびます。

我が街である平塚市でも「湘南ひらつか七夕まつり」というお祭りがありますが、これは外国人だけではなく日本人でも街を汚します。しかも地元民にしてみると経済効果はいかがなものかとの声も上がったりします。

しかしそれだけでこのお祭りを止める必要はないとも思います。なぜなら平塚市には湘南ひらつか七夕まつりというブランディングがあるからです。その経済効果はうまく生かし切れていないのかも知れませんが、少なくとも人はやってきます。更には、これが「日本のお祭り」なのだというブランディングが成功すれば、外国人は喜んでやってくるでしょう。

なぜなら外国人は「日本を楽しみにやってくる」からです。ここを中途半端に外国風にアレンジすると面白味は全く無くなります。ありがちですよね、売り上げが落ち込んだ旅館を中途半端に洋室化してしまうアレです。全く興味は無くなりますよね。

北海道ニセコのスキー場にオーストラリア人が殺到するのは、そこにしかない雪質を求めて来るからに他なりません。

茅ヶ崎市・平塚市に、外国人が殺到するブランディングの仕掛けをすれば望みが無いわけではありません。むしろ先に日本人がやってくると思います。

じゃあ、何をするんだ?と思われると思います。それは今私にできることは「まず今ある良い所をPRすること」

「なんだよそれwww」と思われるかもしれませんが、現状はあまりPRが上手に出来ていないのです。
「その良い所って何よ?」と思われたら・・・

ぜひ私にお問い合わせ下さい。私には貴方にあった「良い所」をご案内することが出来ます。


ご希望内容をチェックしてください。